不安の対処法

漠然とした不安を抱える40代!その原因と対策を考える!?

更新日:

漠然とした不安を抱える40代!その原因と解決策を考える!?

「40代で将来に不安を感じる」
そう感じている人が少なくありません。

  • 今の仕事をずっと続けられるかわからない
  • 体力の衰えを感じて、ずっと健康でいられるのか不安
  • 老後の生活に十分なお金はあるのか

40代の人は様々な不安にさらされています。
漠然と不安はあるけど、どうしたらよいかわからない……。
そんな人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、40代で不安になる理由やその解消法を具体的に見ていきましょう。
具体的には以下のものについて見ていきましょう。

  • 40代が不安になる理由とは?
  • 不安になる原因はなに?
  • まずは自分がどんな不安を抱えているのかチェックしよう
  • 40代の不安を解消する3つの方法

具体的な不安の正体が分かれば、気持ちがグッと楽になりますよ!
ではもう少し、詳しく早速見ていきましょう。

 

40代が不安になる理由とは?

40代が不安になる理由とは?

40代の人が不安になる理由は、多種多様です。ですが、ある程度多くの人が悩む点には共有点はあります。

具体的には以下のような理由があるのではないでしょうか。

  • 変化することへの恐怖
  • 責任によるリスクの増大
  • 相談する人が少なくなる

それぞれの不安の理由について具体的に見ていきましょう。

 

変化することへの恐怖

変化することへの恐怖

40代で会社に勤めていると、仕事の流れもわからないことがほとんどない状態になります。
そこに身体の機能が衰えるとなると……。
新しいことに飛び込むのは怖いなんて状態になりえますよね。

今の状況を変えたいけれど、転職してもうまくやっていけるのかな、そんな不安があるとなかなか踏み出せません。

ですが踏み出せなくても、強制的に行動の変化を余儀なくされる可能性もあるとは思いませんか?
例えばこんなリスクで変化を余儀なくさせられますよね。

  • 仕事をリストラされる不安
  • 退職後の生活

不安になる要因はたくさんあります。ですが、そのほとんどは変化を恐れるからこそ起こるものです。

その原因こそが、脳の老化
40代になってくると、身体だけではなく、脳の老化も進み始めます。
特に前頭葉の老化が進みやすいです。前頭葉は感情や創造力など、新しいことに取り組む意欲などに関わっています。

この機能が低下することで、以下のようなことが起きるかもしれません。

  • 新しいことをやるのが億劫になる
  • 失敗したときに切り替えが難しくなる
  • 身だしなみに気を配るのがおっくうになる

これらの症状が見られたら、脳の老化が進みつつあるサインかも。
ですが変化を恐れるのは、脳の老化以外にも要因があります。
それは様々なリスクが増えるからです。

 

責任によるリスクの増大

責任によるリスクの増大

40代になってくると、様々な責任を負うことが増えてきます。

代表的なものが結婚して子供がいる場合でしょう。
20代で結婚する前であれば、自分の決断の失敗は自分で負えばよいだけでした。
ですが、家族がいると家族も巻き込んでしまうため、リスクがより増大します。

ただし「独身だからリスクはない」と安心できるかと言うとそう言う訳でもありません。
それはいつまで自分の身体が健康でいられるかわからないから。

自分の身に何かが起きたときに、自分で対処しなければいけないのは結構な負担です。

さらに親の介護などが関わってきたとき、無責任では済まないこともあるでしょう。
そんなときに、一人で対応すると、よりその負担は大きくなります。

そうした責任が増えるため、新しいことに挑戦することによるリスクは当然若いときよりも大き不安になりやすいです。

 

相談する人が少なくなる

相談する人が少なくなる

40代になってくると、相談する人が少なくなります。

若手社員から敬遠されがち……。
自分の上司とは距離を起きたい……。
そうなると、なかなか悩みを相談するのは難しいですよね。

さらにお金のことなどのプライベートな悩みは、人に話しにくいもの。中には、些細なことなどでも相談することが難しいケースも。

そうした不安を誰にも相談できずに、不安を抱えたままにしている事例は珍しくありません。

 

不安になる原因はなに?

不安になる原因は?

では不安になる原因にはどういったものがあるのでしょうか。
大まかではありますが、代表的なものには以下のものがあります。

  • お金の不安
  • 健康の不安
  • 親の介護への不安

ではそれぞれの不安について、もう少し具体的に見ていきましょう。

 

お金の不安

お金の不安

40代の人が抱える不安の一つがお金です。

  • 年金は払っているけれど、どのくらいもらえるのかわからず不安
  • 貯金が十分ではなく、今の会社の給料だけで老後をやっていけない

などそんな悩みを抱える人は今のご時世たくさんいるかと思います。
今の会社の給料に不満があるからといって、転職したから状況がよくなるとは限りません。

今の会社にいても、いつリストラの対象となるかもしれない不安や、健康状態が悪化する不安を抱えている人もいるでしょう。
ましてお金のことは、特に相談しにくいもの。
そうしたことも悩みを大きくする理由かもしれませんね。

 

健康の不安

お金の不安

40代の人の中で大きな悩みの原因となっているのが健康の問題です。

健康であるからこそ、様々なことに挑戦しやすくなります。
その健康状態が悪くなることで、生活に様々な支障が出ることも。

健康が損なわれると、場合によっては新しいことに挑戦することそのものが物理的に難しくなってしまう可能性だってあります。

普段過酷な環境で働いていて、健康に気を遣えていない。
そんな人はより不安に襲われているかもしれません。

 

親の介護への不安

親の介護への不安

親の介護も、40代の人が抱える悩みの一つです。

今は健在であっても、介護はいつ必要になるかわかりません
最悪の場合、明日から急に親の介護をしなければいけなくなった!なんて恐れも。

介護をいざはじめるとなると、様々な負担がかかります。

  • 肉体的や精神への負担
  • 自分の時間が少なくなること
  • 経済的な負担
  • 介護にかかる費用が不透明
  • 介護がいつ終わるかもわからない

上記のような要因があるため、介護が始まると想像以上に大きなストレスになります。

 

まずは自分がどんな不安を抱えているのかチェックしよう

まずは自分の抱えている不安をチェック

40代の人で自分は確かに不安を抱えている、けれどその不安がどのくらいか今ひとつピンとこない。
そんな人も多いのではないでしょうか。

不安を抱えている状態を解決することは簡単ではありません。
ですが、今自分がどのくらいの不安を抱えているのか自分でチェックすることは十分可能です。

まずは以下のことを試してみるのがおすすめです。

  • 不安な事柄をまず自分でまとめる
  • できるだけ細かく細分化して、具体的な解決策に落とし込む

ただ、これだけだと何をどうしたらいいのかわからないですよね。
ではもう少し詳しく見ていきましょう。

 

不安な事柄をまず自分でまとめる

不安な事柄をまず自分でまとめる

不安を解消するためにはまずは、自分がどんな不安を抱えているのか、自分で把握することが肝心です。

不安が漠然であると、不安はより大きくなります。
何が原因かはわからないけれど、なんだか不安……。そんな人はまずは自分の抱えている不安を、できるだけ具体的に把握しましょう。

自分が大まかに感じている不安をできるだけ詳しく書き出してください。

  • お金の不安
  • 仕事への不安

時間がかかる作業かもしれませんが、しっかりと書き出して不安の内容を見える化しましょう。
ここで大切なことは、できるだけ具体的に深掘りして書き出すようにすること。
その不安の内容だけではなく、

  • どうして不安を感じるのか
  • どういったことが起きるリスクを感じているのか
  • その不安が現実になった時に影響がどのくらいあるのか
  • その不安を解消するためにはどんな対処法があるのか

ここまで考えることができれば、問題解決のための方策を打ち出しやすくなります。

とはいえ、40代で抱えている悩みは、お金の問題や介護の問題など、簡単に解決するものではないことばかり。
そうなると、何から手をつけたらよいのかわからなくなってしまうかもしれません。

では次にそういった状態にならないために、次にどんなことをするべきなのか見ていきましょう。

できるだけ細かく細分化して、具体的な解決策に落とし込む

解決策を具体化しよう

自分が抱えている不安をある程度具体的に把握できている。
そんな人は解決するための方法を細分化して、より具体的な解決策を考えましょう。

ここでポイントなのは、大きすぎる行動プランにしないこと。
大きすぎる目標は、達成するイメージが具体的にできず、うまくいかなくなってしまう可能性が高いからです。

「10キロ痩せよう!」なんて目標を立てたのに、運動習慣が3日も続かなかった、なんて体験をした人は多いはず。
それは目標が大きすぎて、具体的な行動計画に落とし込めなかったから。例えば、以下のような形まで目標を細かくすることがおすすめです。

  • 毎月5万円貯金して、5年間で300万の貯金を目指す
  • 毎日1時間だけやる

できるだけ無理のない目標を立て、行動計画までたてることができれば、恐れるほどのものでもありません。

ただそうは言っても不安なものは不安……。
そんな人も中に入るかもしれませんね。

不安を解消するための努力は、不安を解決するために欠かせません。
ですが、それを感じにくくする方法もあります。
次に、40代の不安を解消する具体的な方法を見ていきましょう。

40代の不安を解消する3つの方法

40代の不安を解消する3つの方法

 

40代の不安を解消するためには、その不安を感じずにすむようにすることもおすすめの方法です。
具体的には以下のような方法があります。

  • 誰かに相談する
  • ゆっくり休む
  • やりたいことや新しいことをやってみる

ではより詳しくそれぞれの方法を紹介します。

 

誰かに相談する

誰かに相談しよう

誰かに相談するということはとても大切です。
ただし40代になると、家族のことなど責任も大きく、かつプライベートな内容も多くあります。

だからこそ、なかなか誰に相談すればよいのかわからない……。
そんな人も多いのではないでしょうか。

そんな場合は、まず相談できる場所や相手を見つけることからはじめてみてください。

「身近にいる人は相談したくない!」
もしそう思うのであれば、役所などの無料相談や、SNSなど活用して見つける方法もあります。

話すこと自体で不安の原因が解決するわけではないかもしれません。
ですが、たとえ相談で解決しなくても、不安な気持ちを吐き出すだけでその不安も和らいでいきます。

 

ゆっくり休む

ゆっくり休もう

ゆっくり休むということも選択肢の一つです。

不安を解消するために行動することはとても大切です。
ですが、無理に行動し続けるのも悪影響な場合もあります。

特にいつも仕事に追われていると、常に「何かしなければいけない」そんな思いに囚われていることはありませんか?
そうした状態でいると、不安にも襲われやすくなります。

まずはよく休んでください。
身体を休め、心をリラックスさせるためにも、落ち着いて何もしない時間を作ることも、大切なことですよ。

 

やりたいことや新しいことをやってみる

新しいことをやってみよう

普段やるべきことに追われている人には、やりたいことをやってみることもおすすめです。

会社や周りに気を配りがちな人は、特にやるべきことを優先し、自分のことをないがしろにしがち。

「もっと努力して頑張らなくちゃ……!」
なんて自分で自分を追い込んでいませんか?
もしそうなら、好きなことやリラックスできることを、優先的に取り込んでみましょう。

こうしたことを意識してやるようにすると、心の不安感が軽くなってきますよ。

また新しいことをやってみるのも、おすすめです。
普段やっていないことや新しい趣味を見つけるのもよいでしょう。
そうした刺激は脳の前頭葉を活性化させてくれる効果が期待できます。

 

不安かどうかは心次第(まとめ)

不安かどうかは心次第(まとめ)

今回は、40代の人が抱える不安の要因やその解決策を具体的に紹介してきました。

不安を感じる要因は様々なものがありますが、その不安を解消するための方法はすぐに取り組めることも多いです。

簡単に解決するものでもないかもしれませんが、不安な気持ちはあくまで自分の心が作ったもの。

一度自分の気持ちを整理して、まずは自分がどんな不安を抱えているのか。その正体を理解することから初めてみて下さいね。

-不安の対処法

Copyright© メンタルクリニック経営者のきままブログ , 2020 All Rights Reserved.